目元のたるみ対策

目元のたるみ対策

目元のたるみ、「もう年だから仕方ない」と諦めていませんか?

もちろん加齢に伴いたるんでくることが多いですが、ちゃんとケアをしているかどうかで状況が変わってきます。

 

50歳ぐらいからケアを始めれば良いと考えている人もいると思いますが、30代くらいからたるみが出ることもあるので始めるのは早い方が良いでしょう。
目元のたるみがあるだけで、実年齢より上に見えてしまいます。
老けて見られがちな人は対策していきましょう。

 

ただ、たるみの原因は人それぞれですし、男女問わず生じてしまうので、まず原因を考え、それにあったケアをしていきましょう。
目元のたるみが出来る原因を理解し、早くから対策をとっていきましょう。

 

目元のたるみが出来る仕組み

目元の皮膚は何重もの層から出来ていて、ハリを保つためのコラーゲンが含まれています。

コラーゲンは加齢や誤ったケアにより減少してしまいます。
その結果ハリがなくなりたるんできてしまうのです。

 

紫外線とも深く関わっているので、夏は特に紫外線対策をする必要があります。
10年後も20年後も若いままでいたいという人はちょっとした外出や真冬でも紫外線を吸収してしまうので、まめにケアしていきましょう。
また、急激なダイエットもたるみの原因の一つです。

 

太っている時は皮膚がパンパンになり、ハリがあっても、急激に痩せると伸びた皮膚は余ってしまい、たるんでしまうということもあります。
急激なダイエットを避け、少しずつ体重を落とすことで、たるみ防止になるだけでなく、リバウンドしにくくなります。

 

筋肉が原因の目元のたるみ

目元のたるみは筋肉の衰えも原因の一つとされています。

表情筋という顔の筋肉は普段の生活をしているだけでは30%程度しか使われていません。

 

つまり、残りの70%は使われていないため、放っておいたら衰えてしまいます。
対策としは意識して筋肉を使うことが一番効果的です。

 

実は目元の筋肉は瞬きしているだけではあまり使われていません。
なので、意識して動かすことが必要です。
いつもよりおおげさに笑ったりするだけでも結構です。
笑うことで気持ちも明るくなり、一石二鳥です。

 

笑うとシワが出来てしまうという方は、マッサージも一緒に行うようにしましょう。

 

目元のたるみがあるデメリット

デメリットは多々ありますが、一番言えることは老けて見えるということです。

 

疲れていないのに「疲れてるの?」と聞かれたり、同級生と写真を撮った時に自分だけ年老いてるように見えてしまうなんて経験ありませんか?せっかくの旅行も写真を撮るのにためらうなんて悲しいですよね。

 

さらに、目元がたるんでいることで相手に冷たく暗い印象を与えてしまうこともあります。
その結果初対面の人には近づきにくい印象を与えてしまうなんてこともあります。

 

たるみがなくなれば5歳は若く見えると言われています。
目元のたるみは筋肉の衰えが原因ですので、早くからケアすると良いでしょう。
すでにたるみが気になる方も、表情筋をつけるエクササイズを行うとで、10年後、20年後に変化が出るでしょう。

 

目元のたるみに効果がある美容液

目元のたるみに効果のある美容液はドラッグストアやインターネットで数多く販売されています。

しかし、数が多すぎて何を使っていいか悩みますよね?そんな方はまず、インターネットで調べてみるといいでしょう。

 

商品の魅力はメーカー側の宣伝を見ればわかりますが、実際の効果は分からないですよね。
そんな時は口コミなどを見ましょう。

 

リアルな意見が分かるので判断するのにとても良い材料になります。
美容液の中でも保湿効果があるものはお勧めです。

 

なぜならたるみだけでなく同時にシワ対策も出来るからです。
美容液は洗顔後につけるだけなので容易に毎日続けることが出来ると思います。

 

値段が高くて買うのに勇気がいるという人はトライアルなどで試してみるのも良いでしょう。